記事209:近況2



さてさて、オリキャラ紹介part2。動画も用意しました。
オリキャラ勢は、どのキャラも属性を意識して作っています。
外伝は属性系の魔法少女が多いので、本編キャラではないオリキャラ勢もそれに倣っていいでしょう。
そしてクリアに必要ないキャラ達なのでピーキーな性能にしてあります。

○倉羅佳奈多
e213.jpg

くららかなた。クラリスの赤い方をモチーフにしたキャラ。扇子片手に舞い踊りながら氷で戦う魔法少女です。
踊ることで味方の能力を強化したりもします。
固有操作は連打。技の途中で連打操作が入り、ダメージを増やすことが出来ます。
とにかくパッと見で「美しい」と思える氷描写に拘っているキャラです。

○郡花蓮
e215.jpg

こおりかれん。群ではない。クラリスの緑の人モチーフ。他2人とは打って変わって西洋っぽい外見。
斬るというより叩き斬るスタイル。一撃の重さを重視しつつ、ヒット数の多い風攻撃も扱います。
フォースレベル(FL)という固有システムを持っています。普段は1で、フォースチャージを使うと上昇、最大で3。
このFLが高いほど、技が強化されます。何らかの技を使うと、強制的に1に戻ります。
また、コマンド入力による技強化もあり、FL3で放つ奥義は耐性のない相手を画面外へ吹き飛ばし即死させます。

○加賀美京
e216.jpg

かがみきょう。
柊かがみをモチーフにしたキャラ。刀と雷で戦うスタイル。テイらきの時は色々な属性を使っていましたが今回は
雷に限定。テイらきの時にあまり活きていなかったリッド・ハーシェルが師匠という設定を踏まえて
彼によく似た技もいくつか使います。天光神雷斬はフラグだけ立てて結局作らなかった、魔法剣インディグネイション。
EPが100になると、その瞬間にオーバーソウル状態になりオーラを纏います。
攻撃力が上がり、更に、強力な技が使用可能になりますが、それを使うとオーバーソウルが終了します。
EPが100になった瞬間に強制的に発動しEPが0になるので、EPを溜めておいて咄嗟に使う、という運用はできないキャラ。

○岬・シャロル・琉希
e214.jpg

みさき・シャロル・るき。QMAのルキアモチーフのキャラ。いわゆる魔法使い全開なキャラ。
賢者の道の時の技を1から作り直して搭載しています。
全体攻撃魔法に特徴があり、普通に使ってもダメージがほとんどありません。
あらかじめマーキングをしておくことで、まともにダメージが通るようになります。
マーキングは3回まで重ねがけが可能で、重ねるほど威力が高くなります。
一度全体攻撃を使うと、全てのマーキングが解除されます。
時間経過でマーキングは解けてしまい、重ねがけする程制限時間が短くなります。
3回マーキングした場合、即座に攻撃しないとすぐ解けて無駄になるので実質単体攻撃に。
ただし4回目のマーキングにより、マーキング3を維持することは可能。
全体でも単体でもない、第三の攻撃範囲を任意に作り出せるキャラクター。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

完成版が2011年の頃とどれほど変わっているか楽しみです。特定の技の成否を決めるコマンド入力も面白そうです。

No title

主様よ、貴方は何処までいってしまわれる?
(訳:スゴイスゴイよ凄すぎる)
プロフィール

風影七市

Author:風影七市

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
まどかオンライン
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア